PR
PR

候補者名をタブレットに記入し「電子投票」 岩見沢で実証実験

 【岩見沢】候補者名を紙ではなくタブレットに記入し、投開票作業を大幅に省力化する「電子投票」の実証実験が5日、市役所で行われた。

 システム開発に取り組むワコム(大阪)が、市役所内の期日前投票所のそばに、模擬投票の体験ブースを設置した。2人が立候補した市長選の想定で、タッチペンで候補者の名前の一部をタブレットに記入すると候補者の名前が表示され、これを選択すると投票が完了する。実証実験には期日前投票を終えた有権者ら102人が参加し、1分かからずに投票を終えた。

残り:296文字 全文:526文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る