PR
PR

むろらん港まつり、市民おどり盛り上げよう 優れたチーム表彰、子ども向けコースも

 むろらん港まつり(29~31日)の呼び物の一つで、30日午後4時から室蘭市中島町で行われる「総参加市民おどり」が今年は趣向を新たにする。優れた踊りを披露したチームを表彰したり、一般の1キロコースとは別に子ども向けの500メートルコースを設けたりする。

 港まつりは3年ぶりの開催。中島町と中央町で交互に行われる市民おどりは例年、800人ほどが室蘭ばやしと北海盆唄に合わせて練り歩く。踊りのあと、山車と神輿(みこし)の「室蘭ねりこみ」を行うのが流れだが、今年は新型コロナウイルスの感染対策で密集を避けられない「ねりこみ」を中止としたことから、実行委員会は「例年以上に踊りを盛り上げたい」と考えた。

残り:343文字 全文:640文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る