PR
PR

国税収、過去最高67兆円 2021年度 企業業績が回復

[PR]

 財務省は5日、2021年度の国の一般会計決算概要を発表した。税収は前年度比10・2%増の67兆379億円で、2年連続で過去最高を更新した。新型コロナウイルス禍から企業業績が回復し、財政を支える「基幹3税」の法人税、所得税、消費税がいずれも伸びた。一方、使い切れずに支出を22年度に先送りする繰越金は22兆4272億円に上り、20年度の30兆7804億円に次いで過去2番目の規模となった。

 法人税は21・4%増の13兆6428億円。コロナ禍からの世界経済の回復や円安で輸出が伸びるなど、幅広い業種で業績が持ち直した。所得税は雇用環境の改善などで11・4%増の21兆3822億円。消費の回復やエネルギー価格の上昇で、消費税は4・4%増の21兆8886億円となった。

残り:363文字 全文:694文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る