PR
PR

夕張のホテルマウントレースイ23年冬再開 運営会社方針

 【夕張】2020年冬から休業する夕張市のホテルマウントレースイ(6階建て、118室)を運営する夕張リゾートオペレーション(夕張)は、翌々のスキーシーズンとなる23年冬に合わせ、同ホテルを改装して再オープンする方針を決めた。4日、同社の小林利男社長が北海道新聞の取材に明らかにした。温泉施設やレストランも再開させる。

 ホテルマウントレースイをめぐっては、旧運営会社が20年12月に新型コロナウイルス流行で利用客が見込めないとして、同ホテルとホテルシューパロ、マウントレースイスキー場などを閉鎖し、翌21年には破産。新たな運営会社となった夕張リゾートオペレーションが、昨年12月に同スキー場のみオープンさせていた。

残り:329文字 全文:730文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒夕張リゾート社長に小林氏就任 ホテル経営で実績、夕張市民歓迎
⇒レースイ、来季のオープンに影響は… 運営会社社長の辞表で夕張市民懸念
⇒中国人社長が辞表 夕張・マウントレースイ運営

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る