PR
PR

<主要政党の公約チェック>(4)原発・エネルギー 再稼働巡り容認論拡大

 エネルギー政策では、各党が脱炭素の目標などを踏まえ、再生可能エネルギーや原発について公約を掲げている。再エネは各党とも導入拡大の方針でおおむね一致。原発を巡っては主張が分かれているが、燃料価格が高騰する中で活用を推進する党が目立ち、大きな論点となっている。


 新型コロナウイルス禍からの経済回復やロシアのウクライナ侵攻を受け、原油や石炭などの価格は高騰。原発が一部しか動いていない国内では電気代が上昇し、電力需給が逼迫(ひっぱく)する危機にも直面するなど、エネルギーを取り巻く環境は厳しさを増している。

残り:690文字 全文:941文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る