PR
PR

119番遅れ、安否確認支障も ユーザー「乗り換え検討」

 けが人が119番できずに通報が遅れ、高齢者の安否確認に支障も…。KDDI(au)の大規模通信障害は3日も続き、命に直結しかねない深刻な実態が明らかになった。長時間に及ぶトラブルに、ユーザーからは「他社への乗り換えも検討する」との声も出た。

 大津市消防局によると、2日、妻と登山の60代男性が転倒して右足を骨折。救助要請しようとしたが、2人ともauでつながらなかった。

 警備会社セコムが運営する高齢者見守りサービスにも影響が出た。

 東京都世田谷区の男性(63)は、知人と連絡が取れず会えなかった。「この状況が続くなら乗り換えを検討する」と、あきれ顔だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒補償規定は「24時間不通」 KDDIが検討表明、対応に注目
⇒総務相「利用者目線で不十分」 KDDIの障害対応を批判
⇒障害の影響丸1日、再発防止を 公衆電話に「ありがたみ」

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る