PR
PR

避難支援に感謝のお茶会 ウクライナ人母子、鎌倉

 ウクライナから4月に神奈川県鎌倉市に避難したビクトリヤさん(47)と長男アルトゥーラ君(13)が3日、市内の旅館でお茶会に参加し、招待客約60人にお点前を披露した。市内で茶道教室を開き、母子を支援してきた西川勝さん(78)らが「避難に尽力してくれた方に、感謝の気持ちを示したい」と計画した。

 西川さんは、かつてモスクワ大などで茶道を教えていた。ビクトリヤさんは、その弟子からウクライナの首都キーウ(キエフ)で学び、孫弟子に当たる。この日は日本庭園を望む部屋で、青い和服に身を包み、緊張した様子で濃茶を振る舞い「いかがでしたか」と日本語で語りかけた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る