速報
PR
PR

総務相「利用者目線で不十分」 KDDIの障害対応を批判

 金子恭之総務相は3日開いた臨時の記者会見で、KDDI(au)の通信障害が長引いていることに関し、同社の対応を「利用者目線で見れば十分でなかった」と批判した。また今回の障害が電気通信事業法上の重大な事故に当たるとの考えを示し「関係法令に基づき、しかるべき対応を行っていく」と強調した。行政指導などの対応を検討する見通しだ。

 携帯電話サービスを巡るトラブルが大手で相次いでいることに関しては「大変遺憾だ」と述べた。今回の問題は、NTTドコモが昨年10月に起こした全国規模の障害よりも影響が大きいとの認識も示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒KDDI、3915万回線に障害 40時間継続、国「重大事故」
⇒障害の影響丸1日、再発防止を 公衆電話に「ありがたみ」

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る