PR
PR

物価高は「アベノミクス要因」 道内野党候補、経済政策を批判

 参院選道選挙区の主要野党の候補は2日、争点となっている現在の物価高騰を巡り、安倍晋三政権時の経済政策「アベノミクス」が原因として批判を強めた。自民党の麻生太郎副総裁も副総理兼財務相として、安倍政権の経済財政政策を進めた立場。野党側は当時から続く大規模な金融緩和などが、円安や物価高につながったと指摘する。

残り:527文字 全文:680文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る