PR
PR

<江差>幻の豆「紅金時」栽培に挑む 伊藤直樹さん(45)

 老舗菓子店「五勝手屋本舗」がかつてようかんの原料にしていた「紅金時(べにきんとき)」の栽培に取り組む農家の一人。6月上旬に種まきを終え、「おおむね順調に育っています。あとは天気次第ですね」。

残り:204文字 全文:300文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る