PR
PR

<主要政党の公約チェック>(2)物価高対策 補助金重視か、減税柱か

 参院選ではロシアのウクライナ侵攻や円安に伴う物価高対策が最大の争点となっている。特に値上がりが目立つのは生活に直結するエネルギーや食料品。与党は業界への補助金を通じた価格抑制、一方の野党は消費税減税など家計の直接支援を前面に掲げる。


 ガソリンや灯油などのエネルギー価格対策として、自民党は石油元売り各社への補助金を継続すると強調。岸田文雄首相(自民党総裁)は電気代の値上がり対策として、節電した家庭にポイントを付与する制度の導入も表明した。

残り:781文字 全文:1018文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒各党政策を比較する

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る