PR
PR

街角カフェでキノコの健康効果講演

 北大遺伝子病制御研究所シンバイオティクス研究部門は6月30日、大学や企業の第一線で活躍する人が研究成果や新技術を分かりやすく講演する「街角サイエンスカフェ」を札幌市民交流プラザ(札幌市中央区)で初めて開いた。同大の宮崎忠昭特任教授(62)が薬用キノコ「鹿角霊芝(ろっかくれいし)」の健康への効果を説明し、市民約10人が耳を傾けた。

残り:224文字 全文:390文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る