PR
PR

<いまの政治、十勝から問う>選択的夫婦別姓 多様性こそ地域に活力

 「姓を選択できるようにし、困っている人を救ってほしい」。5月下旬、帯広市議会の委員会室に年配の女性の声が響いた。

選択的夫婦別姓の実現を求める小林由紀子さん。「議論の先送りをすべきではない」と訴える(井上浩明撮影)
選択的夫婦別姓の実現を求める小林由紀子さん。「議論の先送りをすべきではない」と訴える(井上浩明撮影)


 選択的夫婦別姓の実現を求め、市議会に陳情書を提出した帯広市内の無職小林由紀子さん(67)は議員を前に約15分、夫婦別姓への思いを語り、国会への働きかけを要望した。

残り:1607文字 全文:1746文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る