PR
PR

エレベーター点検中の男性作業員、挟まれ死亡 ススキノの飲食店ビル

 1日午後2時ごろ、札幌市中央区南7西3の雑居ビル「ベル7番館」地下1階で、エレベーターのかごが上下する空間で点検作業中の男性作業員が、かごと空間内側の壁との間に頭を挟まれた。男性は消防隊に救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。札幌中央署によると、男性は当時、停止したエレベーターのかごの下で作業をしていた。同署はかごが何らかの原因で降下し、挟まれたとみて事故原因を調べるとともに、男性の身元の確認を急いでいる。

残り:179文字 全文:389文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る