PR
PR

アイフォーン、日本で値上げ 1万9000円高く、円安対応か

 【ニューヨーク共同】米アップルがiPhone(アイフォーン)などの日本での販売価格を引き上げたことが6月30日、分かった。アップルのサイトで9万8800円から販売されていた最新機種「13」が、1万9千円高い11万7800円からになるなど、軒並み値上げしている。米国での販売価格は変えておらず、急激な円安に対応したとみられる。

 アイフォーンの「13プロ」は2万2千円値上げして14万4800円からに、「13プロマックス」は2万5千円値上げして15万9800円からになった。ほかに廉価版の「SE」やタブレット端末のiPad、アップルウオッチなども価格を引き上げた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒新マックブックエア発表 アップル、スマホ・車の連携刷新
⇒スマホOS寡占、政府懸念 2社がルール、強い影響力

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る