PR
PR

<懸ける 道選挙区の与野党候補>(4)臼木秀剛氏=国民・新人 地縁なくても 浸透懸命

 「ウキウキ『うっきー』こと臼木秀剛です」。演説の始まりで叫ぶのは中学時代からのニックネーム。名前の売り込みに懸命だ。

 3月まで愛知や静岡を地盤とする立憲民主党の国会議員らの秘書を務めた。政府のコロナ対応の拙さに危機感を覚え、自ら立法に携わろうと決意。「政策実現」を訴える国民民主党の姿勢に共感し、候補者公募に手を挙げた。住んだこともない道選挙区への出馬が決まり、わずか2カ月で本番を迎えたが「縁が薄いからこそ地域の良さに気づける」と前向きだ。

残り:262文字 全文:484文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る