PR
PR

いじめ加害生徒を校長権限で懲戒 旭川市教委、条例骨子案で検討

[PR]

 【旭川】旭川市内で昨年、凍死して見つかった中学2年の広瀬爽彩(さあや)さん=当時(14)=がいじめを受けていた問題を受け、旭川市教委は30日、来年4月施行を目指すいじめ防止に関する条例に、校長らの権限で加害者側の児童・生徒への懲戒などの措置を講じることを盛り込む方向で検討していると明らかにした。

 条例制定に向けて設置した市民らによる懇話会で、条例の骨子案の概略を示した。

残り:262文字 全文:579文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒いじめ早期解決に緊急支援チーム派遣へ 道教委、学校の要請なくても積極介入
⇒旭川市のいじめ対策専門部署 有識者懇に千葉大教授ら5人
⇒クラス内でも無視、仲間外れ アンケートで判明 旭川中2死亡
⇒学校は本人聴取せず 加害側証言でいじめ否定 旭川中2死亡

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る