PR
PR

観光船利用客に安全運航の情報公開を 国交省が指針策定

[PR]

 国土交通省は30日、オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故を受け、小型旅客船事業者に安全対策の情報公開を促すため、公開内容の目安となる指針を策定した。救命設備や緊急時の通信手段をホームページ(HP)などで示すよう求めている。利用客が前もって、事業者の安全運航への取り組みを確認できるようにするのが狙い。

 指針では、救命胴衣や救命いかだの個数、通信設備の種類、緊急時の海上保安庁や他船への通信手段などを公開情報の基準に挙げている。通信手段に携帯電話を使う場合は、エリアマップで通話可能な範囲を示すことも求めている。船舶検査を受けた時期、事故時に保険から支払う賠償限度額、避難訓練の実施状況の公開も促している。

残り:208文字 全文:641文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒男性遺体、知床から北西300キロ先のサハリンに
⇒観光船の法令違反を点数化 国交省方針、懲役刑導入も検討
⇒再開の観光船に記者が乗船 知床事故2カ月、安全徹底
⇒観光船やフェリーの安全対策、道HPで公開

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る