PR
PR

「同性愛は精神障害か依存症」 自民党の会合で差別的文書配布

 自民党の国会議員による議員懇談会の会合で「同性愛は後天的な精神の障害、または依存症」など、LGBTら性的マイノリティーに対して差別的な内容の文書が配布されていたことが30日、関係者への取材で分かった。性的少数者の支援団体からは「ヘイトスピーチに当たり、許されない」と憤りの声が上がった。

 関係者によると、文書が配られたのは6月に開かれた「神道政治連盟国会議員懇談会」の会合。「性的少数者の性的ライフスタイルが正当化されるべきでないのは、家庭と社会を崩壊させる社会問題となるから」などと記されていた。文書は大学関係者の講演をまとめたものとみられる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒同性婚「容認を」75% 全世代で前年上回る 全道世論調査
⇒道訴訟原告ら「尊厳の理解欠如」 大阪地裁、同性婚「合憲」判決
⇒LGBTQ擁護へ大統領令 バイデン氏「自分でいて」

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る