PR
PR

サハリン沿岸で男性遺体発見 知床事故の不明者か、救命胴衣を着用

 オホーツク管内斜里町の知床半島沖で小型観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故を巡り、ロシア・サハリン州南部コルサコフ付近の沿岸で日本人とみられる男性の遺体が見つかったとロシア側から日本側に連絡があったことが分かった。複数の日本政府関係者が28日、明らかにした。「KAZU」と書かれた救命胴衣を着ており、海上保安庁は乗客乗員の可能性があるとみて、ロシア側に詳細を確認している。

 政府関係者によると、ロシア国境警備局が28日朝、コルサコフ付近のオゼルスキー沿岸で男性の遺体を発見したと外交ルートを通じて連絡があった。遺体の損傷は激しく、携帯電話や車の鍵、時計などを所持していたという。第1管区海上保安本部(小樽)は同日午後、行方不明者の家族に伝え、所持品から身元の確認を進めている。

残り:264文字 全文:707文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒男性遺体、知床から北西300キロ先のサハリンに 風影響か
⇒住民ら知床岬捜索 カズワン運航会社所有の別の船名入りの容器発見
⇒知床沈没事故から2カ月 不明12人の捜索続く 近く船体調査へ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る