PR
PR

道内29日にかけ大雨 土砂災害や河川の増水に注意を

[PR]

 道内は28日から29日にかけて、前線を伴った低気圧が通過する影響で、全道的に大雨となる見通しだ。札幌管区気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

 気象台によると、28日夜から断続的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。29日午前6時までの24時間降水量は石狩、後志、上川管内などの日本海側の多いところで180ミリに達する見込み。

 雨は30日まで続く可能性があり、同日午前6時までの24時間降水量は、渡島、胆振、日高管内などの太平洋側でも多いところで100~150ミリと予想している。(阿部里子)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る