PR
PR

高円宮妃久子さまニセコ訪問 肖像画が結んだ縁 開拓の歴史に思いはせる

 【ニセコ】幕末の柳川藩(現福岡県)の藩士で、後志管内ニセコ町曽我地区の開拓に関わった子爵・曽我祐準(すけのり)氏の肖像画が同地区で見つかり、同氏のやしゃごに当たる高円宮妃久子さまが27日、視察のため同地区を訪れた。

 町に残る史料などによると、曽我氏は1843年(天保14年)、柳川藩の武家に生まれ、1900年(明治33年)に「曽我農場」を開き、曽我地区の酪農、畑作が栄える礎となった。

残り:457文字 全文:650文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る