PR
PR

北海道にも電力「需給逼迫準備情報」 29日に予備率5%下回る予想

[PR]

 北海道電力ネットワークは27日、道内で29日の電力需給が逼迫(ひっぱく)する可能性があるとして「需給逼迫準備情報」を出した。前々日の段階で電力の供給余力を示す予備率が道内で5%を下回ると予想されたため、節電に向けた準備を進めるよう周知する。全国で準備情報が出るのは初めて。

 北電ネットによると、東北、東京両電力管内を含む広域エリアの29日の供給力で見た場合、東京エリアで猛暑による冷房の需要増などが予想されていることから、送電線「北本連系線」で本州とつながっている道内の予備率が低くなる見通し。道内の同日の予備率は午後4時~4時半に4・2%、4時半~5時に4・1%と5%を下回る。

残り:205文字 全文:595文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒北電、砂川と奈井江の火力発電所廃止 27年3月末で
⇒電事連会長「北電、安全性説明を」 泊原発差し止め判決で
⇒再稼働反対派「当然の結論」 札幌地裁、泊運転認めず 経済への影響、懸念の声も

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る