PR
PR

いじめ早期解決に緊急支援チーム派遣へ 道教委 学校の要請なくても積極介入

[PR]

 道教委は児童生徒への深刻ないじめが発覚した際、弁護士やスクールカウンセラーら外部の専門家でつくる「緊急支援チーム」を学校に派遣する取り組みを近く始める。市町村教委や学校の要請を待たずに道教委の判断で対応することで、問題の早期解決を目指す。

残り:306文字 全文:530文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒旭川中2死亡 被害ほかにあったのでは 元警官小川さん講演
⇒校内のいじめ、アンケートで非公表に「不信」 旭川中2死亡、第三者委は説明なし
⇒校内いじめで意見書 遺族側が第三者委に提出 旭川の中2死亡

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る