PR
PR

「著しい混雑生じず」 東京五輪マラソン・競歩 組織委報告書

[PR]

 東京五輪・パラリンピックの公式報告書では、昨年8月5~8日に札幌市で行われた五輪の男女マラソン・競歩の運営について、新型コロナウイルス感染対策で沿道での観戦自粛を呼び掛けた結果、「沿道観戦者は散見されたが、全体として著しい混雑は生じなかった」と総括した。

 2019年に酷暑のカタールで開かれた陸上世界選手権のマラソン・競歩で、体調不良者が多数見られたことから、東京五輪では暑さ対策で会場を札幌に移して実施された。観戦を巡る報告書の見解について、大会組織委員会関係者は北海道新聞の取材に対し「北大構内などで混雑した事例は認識しているが、局所的だった。クラスター発生もなかった」と説明する。

残り:236文字 全文:589文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒五輪組織委、30日に解散 発足から8年、清算期へ
⇒五輪「開催国の責任果たした」 政府の大会報告、大枠判明

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る