PR
PR

尼崎市に無断で業務を再委託 USB紛失問題、情報会社

 兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題で、市から業務委託された情報サービス会社「BIPROGY(ビプロジー)」が協力会社に業務の一部を再委託する際、市の許可を得ていなかったことが27日、市やビ社への取材で分かった。

 市などによると、ビ社は新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金支給事務を受託。契約書では業務を別の業者に再委託する場合は市の許可が必要だが、今回は得ていなかった。

 飲酒してメモリーを紛失した人物についてビ社は当初、協力会社の社員と説明していたが、26日に協力会社の委託先の社員と訂正した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒全市民46万人分の情報紛失 尼崎市、氏名や住所など
⇒紛失のUSB発見 全市民の情報、データ変更の形跡なし
⇒USB紛失は「協力会社の委託先の社員」 尼崎市の委託業者が説明訂正

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る