PR
PR

第六回世界人工知能大会が天津に開幕

AsiaNet 96713

天津、中国2022年6月24日/PRNewswire/ -- 第六回世界人工知能大会クラウド開幕式および創新と発展サミットが中国国家会議と展示センター(天津)で開催された。中国人民政治協商会議副主席・中国科学技術協会主席萬鋼氏が基調講演を発表した。中国工業と情報化部部長肖亜慶氏・中国工程院院長李暁紅氏・中国共産党天津市委員会書記李鴻忠氏が挨拶語を寄せた。天津市代理市長張工氏が開会式を司会した。

萬鋼氏が中国の次世代人工知能が急速に発展しており、単体人工知能の技術統合と機能拡張、群体人工知能の異質構造と内包延長、シーンドリブンの多領域融合と安全高効率などの傾向と特徴があると指した。世界人工知能大会は5年間の発展を経て、国際化的なプラットフォームと世界へ開放する架け橋になり、現代世界における人工知能領域の最新動向と先端成果を立体的に示している。世界人工知能大会が中国の人工知能産業の世界発信の窓口になるように、天津は積極的に人工知能分野におけるこの画期的なイベントに取り込んでいる。

李鴻忠氏が以下のように述べた。天津は人工知能の都市構築に取り組み、科学精神と創造活力を溢れた5年間を歩んでこられた。この5年間は創新要素を備え、人工知能産業が大いに発展させ、人工知能より全産業を連携し、人工知能型都市を一新した。今後、天津はイノベーションクラスターの構築に注力し、製造業の発展を都市戦略として実行させ、科学技術体制の改革を深め、「天津スマートポート」の建設を加速する。

大会主賓国の代表者・イギリス駐中国貿易使節トムデューク(Tom Duke)、イスラエル駐中国大使館副大使ユヴァル(Yuval Waks)が現場とオンラインでそれぞれ祝辞を述べた。会議の成功は、天津をはじめ、中国は科学技術主導の現代世界に大いに活躍され、重要役を演じている。この世界知能大会のプラットフォームを通じ、中国との科学技術協力や経済貿易交流などをさらに促進することを望んでいると、彼らはそう述べた。インテリジェンス会議。

その後、創新と発展サミットが開催された。世界工学団体連盟(WFEO)元会長・中国次世代人工知能開発戦略研究所執行院長龔克(Gong Ke)氏が司会した。中国工程院主席団名誉主席・国家製造強国建設戦略諮問委員会主任周濟氏、旷視科学技術連合(MEGVII)創始人兼CEO印奇氏、中国聯合ネット通信グルーブ有限会社会長劉烈宏氏、レノボグループ会長兼CEO楊元慶氏、中国電子情報産業グループ有限会社会長・社長曽毅氏、GEシニアバイスプレジデント・GEインターナショナルプレジデント兼CEOナビル氏(Nabil Habayeb)、360グルーブ創始人周鴻祎(Zhou Hongyi)氏、ノーベル経済学賞受賞者・ニューヨーク大学経済学教授トーマス・サージェント氏(Thomas.J.Sargent)、IBMグレーターチャイナジェネラルマネージャー陳暁東氏、Neusoftグルーブ創業者兼会長劉積仁氏、ENNグループ取締役会主席王玉鎖氏、中国工程院院士・アリババクラウド創始人王堅氏など、12名のゲストが主題講演とビデオ講演を行った。

連絡先:範頴鳴
連絡電話:0086-13702005832
メールアドレス:wic@wiccongress.org

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1847297/World_Intelligence_Congress_1.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1847298/World_Intelligence_Congress_2.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1847302/World_Intelligence_Congress_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202206273004

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る