PR
PR

<函館道南>曽祖父の歩み 矢野旦

 曽祖父は新聞記者だった。だが、それ以前は、目の不自由な児童が通う学校の先生だったと、つい先日知った。場所は横浜市にある横濱(はま)訓盲院(現・横浜訓盲学院)。「教育に関心のある人だったようだが、どうして盲学校にいたのだろうねえ」と祖父は言う。

残り:319文字 全文:441文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る