PR
PR

縄文遺跡で永遠の愛誓う 世界遺産の函館・垣ノ島遺跡で結婚式

 【函館】世界文化遺産の「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つである函館市南茅部地区の垣ノ島遺跡で26日、縄文文化をモチーフにした結婚式が初めて行われた。地元カップルが、家族や友人のほか縄文人に扮(ふん)した人らに囲まれ、永遠の愛を誓った。

「縄文ウェディング」と題して垣ノ島遺跡で行われたユニークな結婚式
「縄文ウェディング」と題して垣ノ島遺跡で行われたユニークな結婚式

残り:229文字 全文:449文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒環状列石 18年ぶり発掘調査 森町の鷲ノ木遺跡 保存・公開へ埋蔵物確認
⇒キウスの構造、新たな発見なるか 1号墓58年ぶり再調査
⇒大船、垣ノ島の縄文遺跡が切手シートに 世界遺産登録記念し発売

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る