PR
PR

「白い道」9割が満足 稚内の観光地来訪客を調査 駐車場整備など課題

 【稚内】北海道運輸局は、稚内の観光スポット「白い道」の観光調査をまとめた。市などによると、白い道を対象とした特定の調査は初めて。昨夏行った現地の交通量調査では、1日計700台以上の自動車、二輪車が通行。観光客向けのアンケートでは、回答者の約9割が満足したと答えた一方、交通環境の整備を求める声も上がった。

 「白い道」は、宗谷岬から宗谷公園にかけて宗谷丘陵を巡る約11キロのコースのうち、公園側約3・3キロの部分。道幅は約4メートル。宗谷黒牛の放牧や大きな風車群の眺望が広がり、空気が澄んでいる日には、利尻、礼文両島やサハリンの島影も見える。

残り:597文字 全文:985文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒三石ブランド肉、自販機で 新ひだか「道の駅」 牛・豚の冷凍販売
⇒アウトドア市場、道南で活発化 キャンピングカーレンタル開業
⇒<北海道アウトドア情報サイト>あさってキャンプ
⇒<食と観光のwebメディア>トリップイート北海道

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る