PR
PR

雷や突風、激しい雨に注意 大気不安定、日中気温上昇

 北日本から西日本は大気の状態が非常に不安定となる恐れがあるとして、気象庁は26日、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、局地的な激しい雨に注意するよう呼びかけた。

 気象庁によると、日本付近は太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気のほか、上空約5500メートル付近に氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいる。日中は気温が上昇し、大気の状態が非常に不安定となる見込み。

 北日本は27日にかけて、西日本から東日本は26日、激しい突風や局地的な激しい雨に注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は建物内に移動するなど安全確保を求めている。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る