PR
PR

核搭載可能ミサイル供与へ ロシア、同盟国ベラルーシに

 ロシアのプーチン大統領は25日、北西部サンクトペテルブルクで同盟国ベラルーシのルカシェンコ大統領と会談し、核弾頭搭載可能な戦術ミサイル「イスカンデルM」を数カ月以内に供与すると述べた。ベラルーシ軍が持つスホイ25攻撃機を核搭載可能な仕様に改造する支援も表明した。

 これにより、ソ連崩壊後に核兵器を放棄したベラルーシが核再軍備を進める可能性が大きくなった。国境を接する北大西洋条約機構加盟国ポーランドやリトアニアなどの反発は必至だ。ベラルーシはウクライナに侵攻したロシアに歩調を合わせて欧米との対立を深めており、欧州の安全保障環境は一層緊張を高めるとみられる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る