PR
PR

気流乱れ、客室乗務員骨折 ANAウイングス国内便

 25日午後1時半ごろ、全日空グループのANAウイングスが運航する熊本発大阪(伊丹)行きNH1626便の機体が気流の乱れで揺れ、客室乗務員1人が転倒して腰の骨を折る重傷を負った。国土交通省は航空事故と認定。運輸安全委員会が航空事故調査官3人を指名して調べる。

 全日空によると、乗客70人にけがはなかった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る