PR
PR

旭岳でチシマザクラ見ごろ

 【旭岳温泉】道内最高峰の大雪山系旭岳(2291メートル)の山麓で、チシマザクラが見ごろを迎えた。

 標高約1100メートルの東川町旭岳温泉地区のサクラは、「日本一遅く咲く桜」として知られる。旭岳ロープウェイ山麓駅の近くには、樹高約80センチから約1・5メートルの20本ほどが群生。ロープウエーを運行するワカサリゾートによると、21日に数輪が咲き始め、25日にほぼ満開となった。

残り:237文字 全文:425文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る