PR
PR

選管職員が期日前投票希望者拒む 理由の聞き取りせず、名古屋

 7月10日投開票の参院選で、名古屋市名東区役所で24日に期日前投票をしようとした高齢男性が職員に投票を拒まれていたことが25日、市選挙管理委員会への取材で分かった。男性は妻の介護を理由に期日前投票をしようとしたが、職員に「宣誓書に回答する選択肢がない」と伝えたところ、職員は理由の聞き取りをせずに「それでは投票できない」と繰り返したという。

 男性は投票を諦め、市役所で経緯を伝えた。市は対応が不十分だったとして、男性に謝罪した。

 市選管によると、期日前投票をする際に提出する宣誓書には、理由に関し「仕事等」「病気等」の選択肢はあるが「介護」はない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒「もやもや」変えよう若いあなたの1票で 道選管が啓発
⇒立憲も国民も「民主党」 比例代表略称、去年に続き混乱懸念
⇒あなたの一票証明します 旭川市選管がカード配布

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る