PR
PR

<旭川上川>SOSをつなぐ 若林彩

 旭川に着任してからの3年間で印象に残ったのが、子どもを守ろうと頑張る大人の姿だ。日々地域を回り、気になる子の情報を市に伝える民生児童委員。親の負担を減らし虐待を防ごうと、家事のヘルパーを始めた元保育士もいた。ある市職員は勤務後、小中高生に無料で勉強を教えている。

残り:340文字 全文:472文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る