PR
PR

北海道のために踊る 熊川哲也さん公演に意欲 11月「クレオパトラ」

 Kバレエカンパニー(東京)を率いる旭川生まれ、札幌育ちのバレエダンサー熊川哲也さん(50)が24日、札幌市中央区の北海道新聞社を訪れ、宮口宏夫社長らに11月の札幌公演「クレオパトラ」への意気込みを話した。

 北海道新聞創刊80周年・北海道文化放送開局50周年記念事業の一つ。同作は熊川さん作・演出のオリジナルで、自身も9年ぶりに札幌で踊る。「私自身も今年50歳となり、(記念事業に)縁を感じた。北海道は大好きな特別な地。長く故郷の舞台から遠ざかっていたが、北海道のためにも踊りたい」と話した。

 「クレオパトラ」は11月7日に札幌文化芸術劇場ヒタルで上演する。一般発売に先立ち、今月30日まで道新プレイガイド会員対象に先行受け付け中。問い合わせは道新プレイガイド(電)0570・00・3871(午前10時~午後5時、日曜休み)へ。(赤木国香)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る