PR
PR

「この味を守りたい」決意のラーメン作り 森駅前の人気店、店主引退でファンが継承

 【森】札幌や函館などからも客が通うJR森駅前の人気ラーメン店「東光亭」(本町)を30年以上切り盛りしてきた松浪昭広さん(73)、エツさん(73)夫妻が、30日で引退する。体力的にきつくなってきたためで、7月1日からは函館で飲食店などを経営する小寺淳さん(35)が引き継ぐ。今月上旬から小寺さんに秘伝の味を教えている松浪さんは「小寺さんの熱意とやる気が伝わり、東光亭の味とのれんを譲ることにした。森町のためにも長く続けていってほしい」と期待している。

 東光亭は松浪さんが2代目で、1989年1月に初代経営者から継承した。スナックを営んでいた松浪さんは、東光亭に足しげく通った常連客。初代の引退を聞き「この味を守りたい」と3カ月間にわたる指導を受け、のれんを引き継いだ。

残り:625文字 全文:959文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る