PR
PR

米上院、銃規制強化法案を可決 超党派、抜本改革見通せず

 【ワシントン広田孝明】米議会上院は23日、21歳未満の銃購入者の身元調査を強化するなどの銃規制法案を賛成65、反対33で可決した。下院は24日にも採決して可決する見通しで、バイデン大統領の署名を経て成立する。銃規制の強化はクリントン政権下の1994年以来、28年ぶり。

残り:217文字 全文:352文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る