PR
PR

ソルトレークは34年五輪優先か 札幌が招致目指す30年も準備

 札幌が招致を目指す2030年冬季五輪について、関心を持っていたソルトレークシティーが34年冬季五輪を優先する見通しが高いとAP通信が23日、米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)のライオンズ会長の話として報じた。28年ロサンゼルス五輪と時期が近いことが理由。求められれば30年冬季五輪招致の準備はできるという。

 同会長は「この件は今後詰めるが、どちらが好ましいかと言えば34年にやる方がいい」とした。34年は筆頭候補になるとの見立てで「でも、まだ30年でお呼びがかかるかもしれない」とも述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒2030年冬季五輪、スペインが招致断念
⇒五輪招致反対掲げ市の元局長出馬へ 秋元市長「理解得られず残念」 札幌市長選
⇒札幌の五輪立候補、実は5度目 デーブ・スペクターさん「もう転換期では」

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る