PR
PR

<現場から 政治に何望む>生活苦、物価高重く 減る年金、賃金も横ばい「やりくり限界」

 参院選が公示された22日午前。札幌市豊平区に1人で暮らす高木冨久美さん(87)は、自宅近くの公園で年金支給額の減額を通知する書面を見せてくれながら、ため息をついた。

年金支給額改定の通知書を手にため息をつく高木冨久美さん=22日午前、札幌市豊平区(田鍋里奈撮影)
年金支給額改定の通知書を手にため息をつく高木冨久美さん=22日午前、札幌市豊平区(田鍋里奈撮影)


 「やりくりは限界。これ以上どこを削ればいいの」。夫の遺族年金と自身の国民年金で、月に手にできるのは13万円程度。公務員の夫が亡くなった後、49歳から生命保険会社に勤め、定年後も85歳まで働いたが「貯蓄する余裕なんてほとんどなかった」。

残り:1149文字 全文:1460文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒「物価高」攻防、党首の第一声分析 与党は対策アピール 野党は対応の遅さ指摘
⇒食品値上げ止まらず 家計への負担増「収入追い付かない」 消費者、募る不安
⇒「最低賃金の大幅引き上げ急務」 道労連など札幌で街頭活動

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る