PR
PR

船内火災想定、避難誘導を確認 洞爺湖汽船など訓練

 【洞爺湖】洞爺湖汽船は22日、湖内で運航する「羊蹄」(346トン)で火災を想定した船上避難訓練を行い、従業員のほか、洞爺湖で小型船を扱う業者ら計約40人が参加した。

 訓練は羊蹄の1階後方で発煙筒をたいて出火に見立てた。乗務員が消火を試みたが火の勢いは衰えなかったという想定で、けが人を含む乗客役を安全に下船させる避難誘導を行った。

残り:152文字 全文:318文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る