PR
PR

「北の国から」の五郎さんの生きざま刻む 石碑のモニュメント完成 富良野

 【富良野】富良野市を舞台としたテレビドラマ「北の国から」で主人公の黒板五郎を演じ、昨年3月に亡くなった田中邦衛さんをしのぶ石碑「五郎のモニュメント」が市内東麓郷のロケ地に建立され、脚本を書いた倉本聰さんら関係者が23日、完成式を行った。

 石碑は田中さんの一周忌を迎えた今年3月、倉本さんが「けじめをつけるために五郎さんの墓を作りたい」と発案し、五郎さんが作中、畑から掘り出した石を積み上げて建てた「五郎の石の家」の敷地内に建立された。市内から庭石や畑の石を集め、市内外の有志延べ42人が敷石を並べるなど建立作業に携わった。

残り:256文字 全文:650文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒五郎さん「お墓」建立始まる 「北の国から」40周年事業 全道からボランティア参加
⇒「五郎さん」しのぶモニュメント建立へ ボランティア募集
⇒五郎さん、モニュメントで追悼 富良野 「北の国から」40周年事業 「石の家」隣に6月設置 倉本さん直筆の言葉刻む

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る