PR
PR

光るマコンブ、うま味凝縮 福島町で水揚げ

 【福島】道南で函館市に次ぐ養殖マコンブの生産量を誇る福島町で、23日から漁が始まった。福島漁港では茶褐色で艶やかなコンブが手際良く水揚げされた。

 午前4時ごろから約50人が長さ4・5~6メートルに育ったコンブを水揚げし、海水で洗浄して束ね、漁港内の乾燥場に運んだ。質、量とも平年並みを見込むが、原油高による乾燥経費の増加が懸念材料だ。

残り:175文字 全文:343文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る