PR
PR

「物価高」攻防、党首の第一声分析 与党は対策アピール 野党は対応の遅さ指摘

 参院選が公示された22日の第一声で、各党党首は政策面でロシアのウクライナ侵攻に伴う物価高や安全保障を巡る訴えに多くの時間を割いた。岸田文雄首相(自民党総裁)はエネルギーや食料品の価格高騰対策を打ち出し、政権与党の安定感をアピール。主要野党は政府の対応の遅さを指摘し、消費税減税などを求めた。

残り:1224文字 全文:1370文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る