PR
PR

ヤジ排除控訴審で道警側が動画提出へ 自民関係者が男性押す映像で正当性主張

[PR]

 2019年の前回参院選の際、札幌で街頭演説をしていた安倍晋三首相(当時)にヤジを飛ばし、道警警察官に違法に排除されたとして男女2人が道に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、道警側が、当時撮影した動画を新たに証拠提出することが22日、分かった。排除直前、自民党関係者が男性原告を手で2度押した状況が写っているとされ、道警側は法律上排除が正当化される「危険で緊急」な事態だったことの裏付けだと主張する。

残り:253文字 全文:560文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒<デジタル発>道警ヤジ排除に「違法」判決 浮かんだのは「表現の自由」への配慮欠く姿勢
⇒「演説聴ける環境と表現の自由両立を」 道警ヤジ排除訴訟で鈴木知事
⇒道警ヤジ排除訴訟で道が控訴 原告側「表現の自由軽視」

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る