PR
PR

夏秋のススキノ催し再開 祭り、結び酒…プレミアム商品券も 神輿渡御などは行わず

 繁華街、札幌・ススキノを活気づけるイベントが今夏から相次いで行われる。新型コロナの影響で、2年間開催が見送られた「すすきの祭り」が3年ぶりに開かれ、割安で飲食できる「結び酒」も2年ぶりに実施される。開催にあたり、従来のプログラムを一部取りやめるなど、感染防止への配慮もみられる。

 第58回すすきの祭り(すすきの観光協会主催)は8月4~6日の3日間で開かれる。期間中はススキノに約80店の屋台が出店する。恒例の「花魁(おいらん)道中」は4日午後8時、札幌市中央区南7西4の豊川稲荷前を出発し、南4西4までの約300メートルを歩く。感染対策として、神輿(みこし)渡御やYOSAKOIソーラン踊りは中止する。

残り:355文字 全文:781文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒知床沈没船事故の乗客家族支援へ募金箱設置 ススキノ飲食店50店 斜里町出身の店主発案
⇒客引き禁止、周知に力 札幌市、対象全店に2回目巡回 7月から罰則適用
⇒<宇野沢デジタル委員が読み解く>衝撃スガイディノス 「札幌娯楽の聖地」の行方は

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る