PR
PR

道南や太平洋側西部で24日から大雨 土砂災害や浸水に注意

[PR]

 道内は24日から25日にかけて、前線を伴った低気圧が発達しながら付近を通過する影響で、道南や太平洋側西部を中心に雨や風が強まる見通しだ。札幌管区気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに注意を呼びかけている。

 雨のピークは24日朝から夕方にかけての見通しで、同日午後6時までの24時間降水量は日本海側南部と太平洋側西部の多いところで100~150ミリと予想。24日の最大瞬間風速は日本海側南部の海上と陸上で25~35メートルとみている。大雨は25日まで続く見込み。(加藤祐輔)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る