PR
PR

クレインズ、巨額赤字に金銭トラブル 経営不安、釧路で説明会開催へ

[PR]

 アイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズを運営するひがし北海道クレインズ株式会社(釧路)の経営の先行きに対する不安が高まっている。今年3月期決算で巨額の最終赤字を計上し、今春以降は金銭トラブルも次々と明らかになった。同社は23、24の両日、釧路市内で経営に関する説明の場を設け、田中茂樹社長も出席する予定。経営悪化や立て直しについて説明責任が問われそうだ。

 説明の場は、スポンサー向けの決算説明会(23日)と、市や釧路アイスホッケー連盟などに経営状況を報告する「評議会」(24日)。前期比2・4倍の1億3200万円の純損失を計上した赤字決算の内容を田中社長が説明する。

残り:470文字 全文:885文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒クレインズ270万円滞納 釧路IH連盟への主管料など
⇒クレインズ苦境打開へ 10日からCF 目標200万円、遠征費や備品購入
⇒クレインズ新監督に斉藤氏 主将は大津選手 チーム体制発表
⇒クレインズ1.2億円赤字 コロナ禍影響 前期の2倍超

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る