PR
PR

タマネギ高値が目にしみる・・・ 道民の大好物、異常気象で不作です<菅井貴子 あした天気にな~れ>

 円安とウクライナ侵攻の影響で、物価が上昇しています。身近な生活食材で特に高いのがタマネギですね。例年の2、3倍ほどで2玉で約300円の小売店も。本州は、それ以上の価格のようです。

スーパーの店頭に並ぶタマネギ。例年の2倍ほどの高値が続いている=2022年6月、札幌市
スーパーの店頭に並ぶタマネギ。例年の2倍ほどの高値が続いている=2022年6月、札幌市


 値札を見ながら、思わず立ち止まり、考え込んでしまいます。タマネギだと思うから高いわけで、ウニかアボカドかお肉と思ったら安い…。ヘンテコな理論を、自分に言い聞かせながら購入しています。

■すき焼きにもジンギスカンにも 札幌の消費は全国一


 北海道に移住してから、タマネギを食べる機会が増えました。たとえば居酒屋さんに行くと、「まるごとタマネギのなんちゃら」とかいうメニューがありますし、ラーメン屋さんではモヤシ代わりにタマネギがたくさん入っている所もあります。ご家庭のすき焼きにも使われますが、これがまたおいしいです。本州では、タマネギの代わりに長ネギです。もちろん道民のソウルフード、ジンギスカンにも欠かせませんよね。

 データでも裏付けがあります。総務省家計調査によると、札幌市の1世帯当たりの年間タマネギ消費量は20.3キログラム(2019~21年の平均)で、全国の県庁所在地と政令指定都市のなかでトップ。

残り:572文字 全文:1203文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
菅井貴子「あした天気にな~れ」バックナンバー
・知床の自然は数値化できていない
・大雪と台風並の風 去年のGW覚えていますか
・ウクライナの気象観測データが入電されなくなりました
・トンガ海底火山噴火の影響が出るのは数年後!?
・ノーベル賞・真鍋氏の研究を生かすのは私たち?

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る